PayPalの他人のアカウントにカード番号が不正登録されていた話

ブログ
この記事は約3分で読めます。

あるひ、ポイントが溜まっている、ポイントを貯めたいとおもい、新しいカードをPayPalに登録しようとしたところエラーが出てきました。

不正登録の検知

エラー画面のスクリーンショットを取得しなかったため、正確なメッセージは覚えていないのですが、「別のアカウントに紐付けられて・・・」旨のメッセージが表示され、何度試しても、登録したいカードの登録はできない状態でした。

自分で登録した別のアカウントについては、見に覚えがないためPayPayへログインしチャットで、エラーが出る件について問い合わせを実施してみました。

こんなときは、PayPalに聞くのが一番ですね。

問い合わせの結果

カード番号などは、当然記載せずに、エラー内容と確認をお願いします。と記載し、チャットに送ったところ、事実確認含め、先方より、PayPalに登録されている電話番号宛に電話が来ました。

 

最初は、PayPalを名乗っておりましたが、アジア圏の方なのか、少しイオンとネーションがおかしな日本語だったため、電話番号検索を実施したところ受電した番号はPayPalだったため、カード番号のみ聞かれたので伝えてみたところ・・・・

・・

・・・

カード番号の検索を実施していただき、○✕△から始まるGmailのアドレスで登録されていますと。

過去、半年の履歴を見たところ、利用されていないことは確認したと

カード番号は、正しいが、氏名などは、別の方の氏名で登録されているとのことでした。

PayPalの対応

該当カード番号の永久停止措置をとっていただきました。

おそらく今回のような事象は、防ぐことができないため、改めてカード番号の流出、管理や、カード利用履歴チェックなどが大切だなと思った次第です。

 

カード会社への連絡

どこから流出した番号なのかわからず、また、ランダムにカード番号だけを登録している可能性もありますが、登録できるカード番号を登録されたのは事実なので、カード会社に電話し、事情を説明し、カード再発行の手続きを実施しました。

まとめ

あらためて、ネットやいろいろな場所でカードを利用した買い物をすることが多いため、履歴のチェックなどが大切だなと改めて思いました。

海外通販や怪しいサイト、過去に流出など事故を起こしているサイトでは、カード番号を登録しない、登録する場合は、限度額などが低いカードを利用する、PayPalが利用できる場合は、PayPalを利用するなど、漏れない自己防衛も大切

 

あと、アカウントに氏名など登録されてるけど、PayPalも不正登録されている人のメールとか名前とかペラペラと電話で伝えてきましたが、相手は不正登録している人だから良いとしても、登録者(私)と違う名前で登録されており、イニシャルはXXというような伝え方にしたほうが良いと思うんだけど。

確認などゆるく、何でも話しちゃうPayPalの利用も控えようかなと思っちゃいました。

 

 

 


誤字・脱字をはじめ全てのお問い合わせは、こちらへお願いします。
写真撮影、動画撮影のお誘いなども大歓迎です。
定期的な購読はRSSにご登録お願いします。
掲載している写真の個人的利用、保存はOKですが、複製、再利用、営利目的の利用は禁止です。

タイトルとURLをコピーしました