【東京ディズニーランド】ワンマンの写真を撮影するときのポイント【カメラはじめました】 #TDR #TDL


東京ディズニーランドでほぼ毎日開催されているワンマンズドリームⅡの写真撮影に関してポイントや私の設定を書いていきたいと思います。

このショーは、最初は明るいもののサーカスシーンやヴィランズ、ピーターパンに舞踏会シーンは結構暗く撮影しにくいんですよね。

その設定のまま撮影を続けていると・・・ミッキーが華麗に踊るシャイニングでは真っ白な写真ができあがります。

 

写真撮影のポイントは2つ

明るいシーンと暗いシーンです。このシーン別の攻略方法が写真撮影をするうえでとても重要なポイントになります。

動きが早いショーなので撮影するにあたりまず決めたほうが良いのはシャッター速度になります。あとは好みではありますが私は800/1~1250/1あたりに設定するようにしています。これは動きのあるパレードなども同じような設定をしています。

続いて絞りですが、これは距離がある程度あるので明るさを確保するために開放で良いと思います。ボケとかあまりないと思うので開放で良いと思います。F値固定の通しレンズを利用していない場合は望遠側の開放に設定しましょう。

例:利用しているレンズに70-200mm f3.5-5.6 と記載されている場合は、F5.6に設定

重要なのはここからです。ISO感度です。明るさがコロコロ変わるような場所やショーの撮影にはISO感度の設定をコロコロ変更しながら撮影するのが多分いちばん簡単です。いい方法かは置いといてとりあえず簡単です。

 

・明るいシーンではISO200~400を設定

・暗いシーンではISO800~1250に設定

カメラによってはISO感度の上限を設定しAUTOにできるカメラやISO感度の範囲を決めれるカメラもありますのでご自身のカメラのマニュアル(説明書)を一度見て簡単な方法で設定しておくとショーを見ること良いシーンを撮影することに集中することができますよ。

 

いや、私はこういう設定をしているなどおすすめのカメラ設定についてツイートやDM、メール、お問い合わせフォームからアドバイスいただけると嬉しいです。

 


こんな記事のリクエストからディズニーランドに一緒に遊びに行きませんか?というお誘い、写真を一緒に撮りに行きましょうというお誘い、誤字・脱字をはじめ全てのお問い合わせは、こちらへお願いします。
定期的な購読はRSSにご登録お願いします。
掲載している写真の個人的利用、保存はOKですが、複製、再利用、営利目的の利用は禁止です。