緊縛されたLTEより自由を楽しむ3Gのほうがよかった。


どうも、こんにちわ。
LTEがここ数年かなり普及してきて高速モバイル回線はかなり便利なわけですが、便利ゆえ”帯域制限”というかなり縛られた状況が発生しています。

#SoftBank 帯域制限対象か確認する方法 | Dぶろ

LTEは高速だからこそあっという間に使い切る

LTE回線はかなり高速なのでWebを見ていてもバンバンいろいろなページを開いてしまいます。最近は、高画質な画像を掲載しているサイトも増えておりあっという間に7GBという帯域制限に引っかかってしまいます。
それ以外にも最近の高性能スマートフォンは、カメラが必ずついています。このカメラで撮影した写真を友達に送信したりTwitterやFacebook、LINEで友達に送る何気なく利用しているこの行為でも7GBの制限に近づいているというわけです。
※iPhone5sのカメラで写真を撮影すると、1MB~程度サイズとなる。
YouTubeで動画を見るとします。最近は高画質な動画も増えており5分くらい視聴すると、なんと100MBくらいの容量となる。100MBと仮定して計算すると70回ほど再生すると7GBになるのです。

70回も見れるんだ~と思っているそこのアナタ!

たとえばディズニーのパレードは、15分~20分あります。計算すると17~23回再生するともう7GBの帯域制限に到達してしまいます。
1日30分おもしろい動画を見ていると7GB÷1.2GB=5.8日で7GBの容量になっちゃいます。
※7GBを7,000MBと仮計算しています。実際は、7GB×1,024M=7,168MB

制限がかかるとどれくらい遅くなるのか

過去、度々記事にしており他のかたも文句たらたらな遅さです。
本当に遅いんです!自分のブログが表示できないレベルの遅さです。
(ブログが重いだけかもしれないのですがそこは棚に上げて書いています)

全然使えなかったSoftBankの帯域制限から解放!なんとか乗り切ったよ。 | Dぶろ

制限を逃げるためにやっていること

WiMAXで高速回線確保+帯域制限のないストレスフリー
しかしWiMAXはつながらないエリアが意外とあったり、電波の弱い場所や混雑しているエリアでは思いの外速度が出ないなんてことになります。
そこでソフトバンクの帯域制限よりは制限が弱く取り合えずつながるということを目的としてiijmioの格安SIMも普段持ち歩いています(モバイルルーターにセットしている)

ユーザに不便をかけて制限をしてまで高速化する理由があるのか?

こうして色々と考えると思うところがあり結局高速化したけどあっという間に帯域制限がかかり今までの3G回線で接続していた時よりも遅い。15年前の回線速度かと思わせるくらいの速度しか出ないのが現実です。果たしてこれはユーザーにとってハッピーな出来事なのでしょうか?
通信キャリアは「繋がる、高速」を掲げて環境面ではどんどん良いサービスが提供されてきていますが、繋がるけど遅い、高速だけど制限で遅い、果たしてこれはユーザーが求めていることなのでしょうか?
帯域制限を解除するために追加料金を払えば良いという意見もありますが追加料金を払ってまでLTEを維持したいかといえば、私は違います。3G回線の速度でもかなり満足していたので3G回線のパケット定額プランを提供してほしいなと思っているのですが、そんなプラン今の時代に需要ないのかな。
WiMAXならキャッシュバックがお得だよ。


こんな記事のリクエストからディズニーランドに一緒に遊びに行きませんか?というお誘い、写真を一緒に撮りに行きましょうというお誘い、誤字・脱字をはじめ全てのお問い合わせは、こちらへお願いします。
定期的な購読はRSSにご登録お願いします。
掲載している写真の個人的利用、保存はOKですが、複製、再利用、営利目的の利用は禁止です。