お名前.comのVPSでCentOSユーザーはOpenSSL脆弱性『Heartbleed』対象だから直ちにアップデートしろ

どうも、こんにちわ。
VPSサーバを借りてお勉強を始めよう、ブログを書いてみよう、何かWebサービスを作ろうという人は世の中たくさんいると思います。
お名前.comのVPSに用意されているCentOS6.5で2014/04/10以前にインストールしている場合は脆弱性の対象となっています。今すぐぐアップデートするようにしましょう。

確認方法

まずはOpenSSLのバージョンを確認します。
コマンド:openssl version
1.0.1~1.0.1fまでが今回発見された脆弱性の対象バージョンとなります。
(ちなみに2014/04/25時点での最新は1.0.1gです)

更新方法

お名前.comにてVPSを利用していてなおかつCentOSの場合は、パッケージ管理はYUMを利用していると思います。
コマンド:yum update openssl
(すべてのパッケージアップデートしてよい場合は”yum update”)
最後に念のためrebootをしておきましょう。
コマンド:reboot
Apacheなどでしか利用していない場合はサービスの再起動だけでも大丈夫かもしれません。
コマンド:Service httpd restart
アップデートしていない人は今すぐアップデートしておきましょう。


こんな記事のリクエストからディズニーランドに一緒に遊びに行きませんか?というお誘い、写真を一緒に撮りに行きましょうというお誘い、誤字・脱字をはじめ全てのお問い合わせは、こちらへお願いします。
定期的な購読はRSSにご登録お願いします。
掲載している写真の個人的利用、保存はOKですが、複製、再利用、営利目的の利用は禁止です。