ディズニーでカメラ撮影、善と悪

ディズニーとカメラ

ディズニーへ遊びにくる人は必ずと言っていいほどカメラを持っています。(カメラ=一眼、コンデジ、携帯、スマホ含む)
今の時代は携帯やスマホにも高性能カメラがついておりもはや持たないで出かけることはないでしょう。
そしてディズニーともなれば記念撮影や、ショー、パレード、キャラクター、風景と被写体が盛り沢山です。
当然のようにみんなカメラを構えてパシャパシャ撮っています。
そこで今回、カメラ撮影についていいこと悪いことを僕なりに考えて見ました。

����¯�¿�½������¦������¯������¿������½����¯�¿�½������¥����¯�¿�½������£������¯������¿������½������¯������¿������½����¯�¿�½������£������¯������¿������½����¯�¿�½������®����¯�¿�½������§������¯������¿������½������¯������¿������½����¯�¿�½������¦����¯�¿�½������´����¯�¿�½������»����¯�¿�½������£������¯������¿������½����¯�¿�½������«happy����¯�¿�½������£������¯������¿������½������¯������¿������½����¯�¿�½������£������¯������¿������½������¯������¿������½����¯�¿�½������£������¯������¿������½����¯�¿�½������©����¯�¿�½������£������¯������¿������½����¯�¿�½������¹����¯�¿�½������£������¯������¿������½������¯������¿������½����¯�¿�½������£������¯������¿������½������¯������¿������½����¯�¿�½������¯����¯�¿�½������½������¯������¿������½����¯�¿�½������£������¯������¿������½������¯������¿������½����¯�¿�½������£������¯������¿������½������¯������¿������½����¯�¿�½������£������¯������¿������½����¯�¿�½������¿����¯�¿�½������£������¯������¿������½����¯�¿�½������¹

善と思う事

何と言ってもその瞬間を記念に残せる。楽しい思い出やキャラクターとの瞬間を記念に残し帰ってからも思い出に浸れる。素敵ですよね。
恋人との記念、家族や大切な友達とのたくさん記録にも残す大切ですよね。
また、写真好きな人にとっては被写体が沢山あって最高の場所なのです。

悪と思う事

◆撮影中は周りが見えないことが多いですよね?
◆大切な思いでが撮影で台無しになっていませんか?
◆あなたはショーの内容、パレードの内容覚えていますか?
◆大切な人の笑顔をしっかり見ていましたか?
撮影に夢中になるあまり周りが見えていない人がたくさんいるとおもいます。
周りのお客さんや子供たち後ろの人の迷惑になることもたくさんあります。

“記念も大切ですがたまにはカメラをしまって記憶に残して見ませんか?”という提案でした。
大切な時間、大切な思いでの時間を記憶に残してみるのもたまにはいいですよ。
僕は撮影もしますがカメラを使わずにショーを楽しむこともしています。


こんな記事のリクエストからディズニーランドに一緒に遊びに行きませんか?というお誘い、写真を一緒に撮りに行きましょうというお誘い、誤字・脱字をはじめ全てのお問い合わせは、こちらへお願いします。
定期的な購読はRSSにご登録お願いします。
掲載している写真の個人的利用、保存はOKですが、複製、再利用、営利目的の利用は禁止です。