スマホを使ってディズニーで流行りのジャンプ写真を綺麗に撮る裏ワザ!

2017-05-29

Jump

女子で話題のジャンプ写真

最近ディズニーの中で集合写真?みんなで写真を撮るときに「せーの」の掛け声と同時にジャンプしてその瞬間を撮るというのがどうも流行っているらしいです。実際にショー待ちしているとタワー・オブ・テラー前でキャストさんが何度も撮り直ししている姿を目的します。そんなジャンプ中の瞬間を撮影するわけですが今回、2つのうまく撮る裏ワザと言うかコツを書いて行きたいと思います。
今回の撮影にはアプリを利用し本来iPhoneが持っている最大限の画質を維持することはできませんがL版サイズに印刷できる程度の画質は十分確保される方法です。

カメラアプリ「OneCam」を使い連写する!

カメラアプリでOneCamというアプリがあるのだがこのアプリの連写機能がとにかく高速である。
シャッターボタンを押すだけで12連写まで可能なのでまた設定で画像サイズなども選択することができるのでより高画質な写真を撮ることも可能である。
このアプリは起動も高速なのでぱっと起動してぱっと撮影することができる。
おまけ機能として、静音機能も搭載しているので食べ物の写真を撮るときやレシートなどを外でメモするそんな時も音を着にせず撮影できるので重宝します。

OneCam(マナー・連写) 〜フリックで簡単シェア〜 – Walker Software

動画を切り出す!


ディズニーマジック・イン・ザ・スカイ※動画から切り出したディズニーマジックインザスカイ

これは簡単です。その瞬間を写真に収めるのは至難の業ですが動画なら動いているすべてを記録しています。そこで動画からその瞬間を切り出す(トリミング)のです。
1.純正のカメラアプリで動画を撮影します。
2.撮影した動画からアプリを利用する又は再生しながらスクリーンショット(ホームボタン+スリープボタン)にて動画再生中の画面を保存します。これが一番簡単な写真取得方法です。

VideoPix: ビデオフレームキャプチャー, スクリーンキャプチャー, iPhone /iPod Touch/iPadでスローモーション再生 – Mirage Labs Private Limited
動画から瞬間を切り出す「MovieToImage」 – Dreamonline,inc.
せっかく動画で撮影したならその撮影シーンもまるごと編集してみんなで思い出の動画にしちゃいましょう。そんな時に便利なのがiMovieというApple純正の動画編集アプリです。純正だけあってクオリティーが良いので使い方のコツを掴むと非常に動画編集が楽しくなりますよ。ながいアトラクション待ち時間に編集してみんなで見るとかまた違った楽しみ方も生まれてくると思います。

iMovie – Apple
iMovie基礎編の動画です。僕もこれ見て使い方覚えなきゃ。


こんな記事のリクエストからディズニーランドに一緒に遊びに行きませんか?というお誘い、写真を一緒に撮りに行きましょうというお誘い、誤字・脱字をはじめ全てのお問い合わせは、こちらへお願いします。
定期的な購読はRSSにご登録お願いします。
掲載している写真の個人的利用、保存はOKですが、複製、再利用、営利目的の利用は禁止です。