ビックウェーブに乗るべく光るフィンガースピナー(ハンドスピナー)を香港で買ってみた。

 

ただただ、回すだけのおもちゃが巷では空前の大ブームとなってますよね。知ってますか?検索するときはハンドスピナーまたはフィンガースピナーで検索するといろいろな種類が出てくると思います。

でっぱりが3方向にある王道な形から棒のような形のものまでまさにいろいろです。重りがついているものや金属製からプラスチック製ととにかく色々な種類が存在します。

香港に行く機会がありましたので香港の有名な市場?露店がたくさん並び台湾で言うところの土林夜市ほどではないもののかなりディープなストリートが2つ存在します。女人街(Tung Choi Street)と男人街(Temple Street)です。

場所は頑張れば歩けるレベルですが地下鉄にのって2駅なので1日で両方見て回ることができます。最寄駅は、女人街=旺角駅、男人街=佐敦駅。名前の通り、女人街は女性向けの洋服、アクセサリなどがあり、男人街は男性向けになりますが、スマホの充電器やケーブル、ハンドスピナーをはじめとしたおもちゃはどちらにもあります。女人街も男人街も気を付けて歩かないと室外機から降ってくる水にあたることになります。私は別に気にしませんが潔癖症の人には恐怖かと・・・

ちなみにお店により価格はピン切ですが2個で20HKD、1個9HKDあたりが一つの目安です。これにデザインや機能が付くと少し価格が上がります。ベースがこれより高いお店はやめておきましょう。また少し悩んだ顔をすると勝手に値下げしてくれますよ

前置きが長くなりましたがプラスチック製で光るハンドスピナーを購入してきました。見ていてもなんか夜とかきれいで楽しいです。

3つともすべて別の光り方をセットすることができ3パターン×3個所の組み合わせで楽しむことができます。ちなみに金属製のものより明らかに回ってから止まるまでが早いです。

部屋を暗くして電気をつけて回してみました。

 

これの遊び方は・・・ただ回すだけ。指に挟んでペン回しの要領で回すのも良いし、両手で回すのも良い。


こんな記事のリクエストからディズニーランドに一緒に遊びに行きませんか?というお誘い、写真を一緒に撮りに行きましょうというお誘い、誤字・脱字をはじめ全てのお問い合わせは、こちらへお願いします。
定期的な購読はRSSにご登録お願いします。
掲載している写真の個人的利用、保存はOKですが、複製、再利用、営利目的の利用は禁止です。