[超入門]タイムスリップしないためのNTP設定

サーバ運用している人ならこのくらいの設定は入れていると思いますが…。
NTP設定についてメモ的に書いておきたいと思います。
まずNTPとは?なんでしょう。
IT用語辞典 e-wordsより引用

NTP
【Network Time Protocol】
コンピュータの内部時計を、ネットワークを介して正しく調整するプロトコル。 階層構造を持ち、最上位のサーバが GPS等を利用して正しい時刻を得、 下位のホストはそれを参照する事で時刻を合わせる。

まずはインストール

いつもお馴染みのyumコマンドでインストールしてみます。
[html]yum -y install ntp[/html]

NTPサーバの設定

時刻同期に使うサーバ等を設定していきます。
[html]vi /etc/ntp.conf
#server 0.rhel.pool.ntp.org
#server 1.rhel.pool.ntp.org
#server 2.rhel.pool.ntp.org
server ntp.nict.jp
server ntp.jst.mfeed.ad.jp
server その他NTPサーバ[/html]

サービスの起動とデーモンの常駐設定

サービスが動いていないと同期が取れないのでサービス起動と自動起動の設定
[html]service htpd start
chkconfig ntpd on
[/html]
これでバッチリですね。
時刻同期しておかないとownCloudなどのサービスがおかしくなったりWordpressの予約投稿の時刻がずれたりしてきてしまうのでサーバの時間は正確に同期しておくことをおすすめします。
ちなみにさくらインターネットのVPS標準のCentOSはNTP設定済みでさくらインターネットのNTPサーバと同期しています。


誤字・脱字をはじめ全てのお問い合わせは、こちらへお願いします。
写真撮影、動画撮影のお誘いなども大歓迎です。
定期的な購読はRSSにご登録お願いします。
掲載している写真の個人的利用、保存はOKですが、複製、再利用、営利目的の利用は禁止です。