[D]夏ディズニーでカメラを守る防水対策!!

2017-05-29


2012年爽涼鼓舞 ファイナル

濡れるけど写真も撮りたい

夏ディズニーといえば大量の水を使った夏祭りやサマーフェルティバルです。濡れたい!でも思い出に写真も撮りたい!
でもカメラは防水じゃないしスマホも防水じゃないそんな時にオススメする防水対策とオススメしない防水対策をご紹介します。

スマホの対策

最近のスマホはそう性能だし気軽に撮影できるカメラも兼ね揃えています。
防水機種なら良いですが防水じゃないと‥
※防水対策頑張りすぎると発熱によるご紹介などが発生することもありますので注意です。

ラップやジップロック

家庭に1つはありそうなラップやジップロックによる対策です。
水の中にいれるわけじゃないのでこの程度の対策でも結構いけちゃったりします。

ジップロックって旭化成だったのね(⌒-⌒; )

汎用的なケース

やはり使いやすいサイズであったり汎用的なスマホの防水ケースがあると持ち運びも簡単だしそのまま操作もできるし便利だ!
という人はこちらの汎用ケースがオススメです。
僕は防水対策はしないままiPhone使ってますが汎用ケースはすぐに入れれるように持ち歩いています。

そのた機種にあった本格的な防水ケース等もありますが使用頻度がそんなにないなら汎用品で十分だと思います。
普段使いしたい人であればLifeProofがオススメです。

カメラの防水対策

ここからは一眼レフカメラの防水対策を考えていきたいと思います。
早くから防水対策してる人をちらほらみますが、熱とか結露とか湿度とかで壊れることが良くあるようで、今年もパーク内では電源が入らないという人をちらほら見かけてます。
防水対策は重要ですが、ショーが始まる直前や始まる頃にケースやカバーをすれば問題ないので、1時間も前から対策するのはやめましょう。

ラップや袋とゴム、テープでぐるぐる

これはあまりオススメしません。
コスト的には安いのですが、やはりそれでどこまで防げるか‥中もかなり蒸れそうですししっかりとした防水対策グッズを購入することをお勧めします。
なんと言ったも最近安いし年中持ってればゲリラ豪雨にも対応できますよ。

汎用品

汎用の防水カバーはかなりお安く出ています。
安さを求めるならこれがベスト!!
ただしレンズや本体のサイズ、組み合わせなど注意がいりそうです。
完全にビニールですし濡れると中がかなり結露で白くなってきます。防水対策してても中が濡れたら意味がないので注意が必要です。

メーカー純正のカバー

高いように見えて全然高くないメーカーのカバーです。基本はどこのメーカーのカメラにも使えます。
装着とかはマジックテープをびりびり幾つか剥がして順番につけて行くだけなれるとあっというまです。
水がこないときな僕は下の部分を解放して空気入れ替えてます。

その他、本格的にカメラ専用のハウジング等ありますが夏のためだけにそこまで用意する必要はないと思います。
レンズの先にはこの撥水フィルターを装着しておくと濡れても水滴でビショビショになることはありません。

■関連オススメ記事

  • (望遠レンズ)TAMRON SP 70-300mmF4-5.6 Di VC USD A005を買ったよ!
  • iPhoneとディズニーシーがコラボした
  • 初心者向けディズニー写真のコツ[ショーパレ編]
  • 必見!ディズニーで流行りのジャンプ写真を綺麗に撮る裏ワザ!

  • こんな記事のリクエストからディズニーランドに一緒に遊びに行きませんか?というお誘い、写真を一緒に撮りに行きましょうというお誘い、誤字・脱字をはじめ全てのお問い合わせは、こちらへお願いします。
    定期的な購読はRSSにご登録お願いします。
    掲載している写真の個人的利用、保存はOKですが、複製、再利用、営利目的の利用は禁止です。