[iOS7]通知センターから1クリックでツイートする方法

2017-05-29

20130928-092812.jpg

どうも、こんにちは
iOS7になってから通知センターから直接ツイートすることができなくなってしまったので、わざわざTwitterクライアントアプリを起動してツイートしていましたがホームボタン押してTwitterアプリを起動して、新規書き込みのボタン押して…って面倒なのでここまでを1クリックでできるようにしてみました。

今回利用する方法

今回どのようにして実現したかというと、通知センターへTwitterの投稿画面が開くようなURLスキームのショートカットを配置しました。
通知センターを表示してクリックするともう投稿できちゃいます。
まずはURLスキームを通知センターに登録するためのアプリ〝MyShortcuts+Viewer 〟をインストールします。
MyShortcuts+Viewer 1.6(¥100)App
カテゴリ: ユーティリティ, 仕事効率化
販売元: Takeyoshi Nakayama – Takeyoshi Nakayama(サイズ: 0.3 MB)
+ iPhone/iPadの両方に対応

通知の作成

アプリを起動したらリマインダー▶︎右上の+ボタンから新規作成
新規作成画面を開いたらタイトルには通知に表示される文言、URLにはスキームを追加します。
今回追加したのはTwitterの標準クライアントで新規ツイートをするための画面です。

今回利用したスキーム
[sourcecode]twitter://post?message= [/sourcecode]
その他にも沢山ありますので好きなアプリのスキームを登録してください。
▼URLスキームリストを掲載してるサイト

[メモ]TwitterクライアントのURLスキーム調べました: iPhoneの世界[メモ]TwitterクライアントのURLスキーム調べました: iPhoneの世界

通知からツイート

ここまでの手順で通知センターにTwitterクライアントを呼び出すための通知が追加されたと思います。
▼1番上のTwitterが今回追加したのは通知

この通知をクリックするとTwitterアプリの新規ツイート画面がいきなり現れます。
ホームボタン押したりアプリ探して起動したり、マルチタスクから起動する手間が省けましたね!!

まとめてみると

通知センターからのツイートはかなりよく利用していたのでできなくなり不便でした。
結局はアプリを起動してるわけですがこれで簡単にツイートできるようになったのでよかったです。
他にもURLスキームは沢山あるので工夫次第ではいろいろな使い方ができると思います。

 総計290個以上掲載!iPhoneアプリのURLスキーム一覧 総計290個以上掲載!iPhoneアプリのURLスキーム一覧

こんな記事のリクエストからディズニーランドに一緒に遊びに行きませんか?というお誘い、写真を一緒に撮りに行きましょうというお誘い、誤字・脱字をはじめ全てのお問い合わせは、こちらへお願いします。
定期的な購読はRSSにご登録お願いします。
掲載している写真の個人的利用、保存はOKですが、複製、再利用、営利目的の利用は禁止です。