カメラロールをまとめてアップロードできるPhotoSyncがアツい!!

2017-05-23


どうも、こんにちは。
Dropboxなどの一部クラウドアプリでは、カメラロールの写真を自動的にアップロードしてくれますが、自分が使ってるクラウドに対応してない!!
良いアプリないかなと思ってる人も居ませんか?そなあなたに朗報、“PhotoSync”が全ての悩みを解決してくれます。
PhotoSync – wirelessly transfers your photos and videos 2.0.1(¥200)App
カテゴリ: 写真/ビデオ, ユーティリティ
販売元: touchbyte GmbH – touchbyte GmbH(サイズ: 26.1 MB)
+ iPhone/iPadの両方に対応

����¯�¿�½������¦������¯������¿������½����¯�¿�½������¥����¯�¿�½������£������¯������¿������½������¯������¿������½����¯�¿�½������£������¯������¿������½����¯�¿�½������®����¯�¿�½������§������¯������¿������½������¯������¿������½����¯�¿�½������¦����¯�¿�½������´����¯�¿�½������»����¯�¿�½������£������¯������¿������½����¯�¿�½������«happy����¯�¿�½������£������¯������¿������½������¯������¿������½����¯�¿�½������£������¯������¿������½������¯������¿������½����¯�¿�½������£������¯������¿������½����¯�¿�½������©����¯�¿�½������£������¯������¿������½����¯�¿�½������¹����¯�¿�½������£������¯������¿������½������¯������¿������½����¯�¿�½������£������¯������¿������½������¯������¿������½����¯�¿�½������¯����¯�¿�½������½������¯������¿������½����¯�¿�½������£������¯������¿������½������¯������¿������½����¯�¿�½������£������¯������¿������½������¯������¿������½����¯�¿�½������£������¯������¿������½����¯�¿�½������¿����¯�¿�½������£������¯������¿������½����¯�¿�½������¹

僕がやりたかった事

Dropboxのカメラロールアップデートでも何の問題もないのですが、Dropboxだと2つの問題点がありました。

パソコンのディスク容量を使ってしまう

パソコンと同期するのに入れているDropboxのアプリケーションだとパソコンにあるフォルダ(ディレクトリ)を同期する。つまりパソコンのディスクにファイルがなければいけません。
Webdavなら外部のディスクとして認識させれるのでパソコンの容量は気にしません。

容量が小さい

無料で使える容量には限りがあります。
iPhoneのカメラもかなり進化しており写真1枚、動画1本の容量がかなり大きいのであっという間にいっぱいになってしまいます。
しかし、独自のクラウドなら容量は有限ですが必要に応じて増やすことができます。
僕の場合は、このブログを運営しつつクラウドサービスも個人的に入れているサーバーを持っているのでそのサーバーを使うことで数十Gという大きな容量を確保してます。

独自のクラウドだとカメラロールの写真を自動アップロードすることができない

独自でクラウドサービスを作っていると当然ですがiPhoneから自動でカメラロールをアップロードしてくれるアプリはありません。
1枚ずつ写真を選んでアップロードするなら、Webdavクライアントアプリで対応してますが、それだと、前回どこまであげたのかわからなくなってしまったり、選択が大変だったりします。
そこで今回探し出したのがPhotoSyncです。
その名の通り、写真を同期するのに特化したアプリケーションです。
ということで同期できるサービスが何とこんなに!

WebDav、コンピュータ、iPad、ftp、DropBox、flickr、Google+、FaceBook、smugMug、ZenFolio、Box、500px、SkyDrive、GoogleDrive、SugarSync、FlashAir、TranceCard Wi-Fi

驚きです。Webdavじゃなくても同期したいと思っているサービスに対応している可能性がかなり高いです!!

ダウンロードから設定

有料アプリにはなってしまいますが自動アップロードが手軽にできるなら安いものです!
まずはアップストアからダウンロード
PhotoSync – wirelessly transfers your photos and videos 2.0.1(¥200)App
カテゴリ: 写真/ビデオ, ユーティリティ
販売元: touchbyte GmbH – touchbyte GmbH(サイズ: 26.1 MB)
+ iPhone/iPadの両方に対応

まずは設定をしましょう。今回はWebdavについて主に書いて行きたいと思います。
▼SettingのConfigreから進む

▼WebDAVを選択する。1番上にWebDAVが来ているのは、Editから順序を入れ替えたからです。

▼Add New…から設定を追加する。何個も設定追加できるようですね!限界値テストはしてません。

▼色々設定がありますが、ここではWi-Fi、Cellularでアップロードする画像サイズの設定ができます。デフォルトだとWi-Fiはオリジナルですが、モバイルはサイズが落ちています。
続いて、PropertiesのConfiguration Titleから細かな接続、設定を見て行きましょう。


▼接続設定です。
Server:WebDavのURL
Port:通常は80ですがSSLだと変わるので接続サイトに合わせます。
User:ログインユーザー名
Password:パスワード
Directory:URLをServerで入れると自動的に分離されてここにも値が入る。


これで設定は完了です。

カメラロールからアップロード

設定が終わったらいよいよ、カメラロールからアップロードです。
選択してアップロード、新しい写真だけをアップロード、全てアップロードの3種類から選択することができ、失敗してても続きから実施することができます。
▼カメラロールを選択、その他、アルバムやライブラリの写真には全てアクセスできます。アプリSmartAlbam などで日付わけした写真を日付別にアップロードとか応用ができそうですね!

▼右上のグルグルしたアイコンをタップするとこの画面が出てきます。
newはまだ同期していない写真、Allは全ての写真、Selectは選んだ写真、今回は何も選んでないのでSelectは押せません。


▼今回はNewかえあ新しい写真を選んでアップロードしたいと思います。
どこにアップロードするか選択する画面ですがもちろんWebDAVです。


▼アップロード画面です。これで進捗状況が確認できます。

まとめてみると

このアプリの便利さ加減はパンパないです。
これで何も気にせずにバシバシiPhoneで写真を撮影してアップロードすることができるようになりました。
僕の場合はバックアップ的な意味合いでのアップロードなので何も選択しないで全てあげちゃいます。
一撃でできる便利さやめられないですね。
Dropboxのように容量がないなら退避してとか余計な作業をしなくて良いのが嬉しいです。
※iPhoneで15分くらいの動画を撮ると1本で2GB弱になります。
ちなみに写真は問題ないのですが動画は途中で止まってしまいます。iOSの制約なのかサーバの問題なのか少し調べたいと思います。
カメラロールをいろいろな条件で自動振り分けできるアプリです。写真整理に重宝してます。
スマートアルバム 2.4(¥170)App
カテゴリ: 写真/ビデオ, ユーティリティ
販売元: Yusuke Tsuji – Yusuke Tsuji(サイズ: 0.7 MB)
+ iPhone/iPadの両方に対応

自分専用のクラウド環境を作りたい貴方のための関連記事

誰でもできる簡単クラウド『ownCloud』がかなり凄い
ownCloudメンテナンスモードの解除方法
ownClowdのアップデートは簡単だが時間がかかるからドキドキ

こんな記事のリクエストからディズニーランドに一緒に遊びに行きませんか?というお誘い、写真を一緒に撮りに行きましょうというお誘い、誤字・脱字をはじめ全てのお問い合わせは、こちらへお願いします。
定期的な購読はRSSにご登録お願いします。
掲載している写真の個人的利用、保存はOKですが、複製、再利用、営利目的の利用は禁止です。