活動量計『Shine』を購入、iPhone5sユーザーは注意せよ!

2017-05-29


どうも、こんにちは。
最近記事の書き方をちょいちょい変えてる、とるちん(@1lovdisney)です。
巷で話題の活動量計をついに購入しちゃいました。世の中的には、Jawbons UPやFitbitが人気です。Jawbons UPはバッテリーの持ち時間やスマートなリストバンド型なので普段なくす心配もなくつけていることができます。
Fitbitは、クリップ型やリストバンド型など種類や色が豊富で使う人の用途にあったものを選ぶことができ物によってはGPSが搭載されていて階段の上り下りまで記録してしまう優れものです。

����¯�¿�½������¦������¯������¿������½����¯�¿�½������¥����¯�¿�½������£������¯������¿������½������¯������¿������½����¯�¿�½������£������¯������¿������½����¯�¿�½������®����¯�¿�½������§������¯������¿������½������¯������¿������½����¯�¿�½������¦����¯�¿�½������´����¯�¿�½������»����¯�¿�½������£������¯������¿������½����¯�¿�½������«happy����¯�¿�½������£������¯������¿������½������¯������¿������½����¯�¿�½������£������¯������¿������½������¯������¿������½����¯�¿�½������£������¯������¿������½����¯�¿�½������©����¯�¿�½������£������¯������¿������½����¯�¿�½������¹����¯�¿�½������£������¯������¿������½������¯������¿������½����¯�¿�½������£������¯������¿������½������¯������¿������½����¯�¿�½������¯����¯�¿�½������½������¯������¿������½����¯�¿�½������£������¯������¿������½������¯������¿������½����¯�¿�½������£������¯������¿������½������¯������¿������½����¯�¿�½������£������¯������¿������½����¯�¿�½������¿����¯�¿�½������£������¯������¿������½����¯�¿�½������¹

活動量計とはなにか

そもそも、活動量計とはどんなものなのか?
気になりませんかこの言葉?
簡単に言ってしまうと1日の運動量と消費カロリー計算をしてくれる万歩計を凄くしたような物です。ってあってるのかな?^^;

 健康・ダイエット志向を背景に、密かなブームを呼んでいるのが「活動量計」だ。歩数計が主に「歩数」のみをカウントするのに対し、活動量計は胸のポケットに入れたり身体の一部に装着したりするだけで、「消費カロリー」を計測してくれる。歩行はもとより、家事やデスクワーク、何もしていないときも含め、1日の生活の中で費やされる総カロリーがわかるのだ。
足し算ダイエットやスコア競争で健康に!今なぜ「活動量計」が密かなブームなのか|ダイヤモンド・オンライン

さらに最近の製品は睡眠時間や睡眠の質まで表示してくれるまさにライフログツールなのである。

購入目的

最近疲れているのともういい年して運動不足もあり、今回購入し日常どれくらい歩いているのか、カロリーはどれくらい消費しているのか、睡眠はしっかり取れているのかを記録して行きたいと思って購入に至ったのである。

Shine(死ねじゃなくてシャイン)にした理由


冒頭でも紹介したように色々な活動量計が世の中には出てきています。
オムロンやタニタは安かったり、リストバンド型は、カッコ良いしなくす心配もなさそうといろいろある選択の中からなんで今回、Shineを選んだのかというと…

  • カッコいい。
  • 薄くて軽い。
  • なんだかとっても丈夫らしい。
  • 電池式で長持ちだからバッテリーのヘタリとか充電忘れを防げる。
  • Bluetoothで同期できる。
  • 新製品。(新しい物好きなの)
  • 完全防水。(生活防水は流水の水圧が当たると生活防水では防げないことがある)
  • とこんな感じですが、面倒なことが苦手てで充電や同期のたびに外したりしてるとそのうち使わなくなるか無くしてしまう性質の人間なのです。
    そう、Bluetoothレシーバーがまさにそう。
    最初は楽しく使ってましたが、充電するのが面倒だったり、外でバッテリー切れちゃったり、専用のケーブルが必要だったりするために持ち歩くのをやめたら無くなった経験があります。
    そんな時にこの一言が背中を押してくれました。まったくもう。
    https://twitter.com/imax_20101103/status/384601521821741056
    ちなみにAppleの限定パッケージでリストバンド型にする奴が同封さらていたりする所もお気に入りポイントです。

    開封と設定

    って今更ですよね。流行りの開封の義はすでにやってる人が沢山いるしな。ということで適当に(^_^;)
    ▼開封して売り文句である500円玉サイズということで隣に置いて見た。うぉー500円持ってるなんてお金持ち!
    同じサイズです。

    Shine 開封
    ▼裏返すとなんだか説明が書いてある。裏側から押し出すのね!これがなかなかの硬さでハマっているけどそこは丈夫なShineだから思い切って押し出しましょう。
    Shine パッケージ裏
    ▼下の段には、左から電池を入れるための専用工具、リストバンド、クリップ?とその上に燃料となる普通の電池
    Shine 内容物
    ▼電池を装着したのでリストバンド型にして見ました。うーんかっこいい。
    (ゴムのパッキン部分は念のためシリコングリスを塗っておきました。ダイバーの基本!
    ※写真のピントが微妙なのは気にしないで…

    Shine リストバンド装着

    アプリとの設定(注意事項あり)



    2013/09/30時点ではiPhone5sとShineアプリを利用して初期設定した後のアップロード画面(iPhoneから設定をShineに入れている動作だと思われる)が途中でエラーとなり何度やっても進みません。要するに初期設定することがiPhone5sだと無理!!
    私はiPhone5から行いました。
    (iPhone 5はiOS7です)


    まずはiPhoneにアプリをインストールしてBluetoothをオンにする。
    Shine™ 1.3.0(無料)App
    カテゴリ: ヘルスケア/フィットネス, ライフスタイル
    販売元: MISFIT WEARABLES CORPORATION – MISFIT WEARABLES CORPORATION(サイズ: 19.5 MB)


    ▼アプリを起動するとかっこいいオープニングがスタート

    ※ログイン画面は撮り忘れた…アカウントを新規に作成するかFacebookアカウントでログインするか選べます。僕はFacebookを利用しました。
    ▼ログインしたら基礎情報の入力、性別と誕生日はFacebookから自動で引っ張ってきて表示される。身長と体重入れたら次へ
    アプリ1
    ▼普段どんな運動する?軽い運動?適度な運動?激しい運動?とこの3種類から選べる。適度な運動で毎日歩く2時間とか無理だよ…
    こいつドSだな。

    あとは、ShineをiPhoneの上に置いて同期すれば設定は完了です。簡単!!
    こんな感じだよってオフィシャルの動画見てね
    //youtu.be/1RjFKdMnfLA

    まとめてみると


    とりあえず買った直後ということもありお気に入りかつ、よーし健康を目指すぞ!と張り切ってます。(買いに行った帰りに早速吉野家で満腹になったのは内緒)

    Misfit Shine アクティビティトラッカー
    Misfit Wearables
    ¥ 11,800

    購入を超悩んでたFitbit Flex
    国内で正規に手に入れるには毎月ソフトバンクと契約しなくてはいけないし、解約すると使えないけど輸入もんなら契約なしで使えるよ


    こんな記事のリクエストからディズニーランドに一緒に遊びに行きませんか?というお誘い、写真を一緒に撮りに行きましょうというお誘い、誤字・脱字をはじめ全てのお問い合わせは、こちらへお願いします。
    定期的な購読はRSSにご登録お願いします。
    掲載している写真の個人的利用、保存はOKですが、複製、再利用、営利目的の利用は禁止です。