話題のPCメガネにかえたよ!視界も気分もスッキリ


どうも、こんにちわ
あのPCメガネでお馴染みのJINS PCという商品を代表とする今話題の安くてデザイン豊富なメガネ屋さん、「J!NS」でメガネを新調してきました。
今回購入したのはJINSのAir frame ULTRAです。軽くてふにゃふにゃ曲がるフレームが魅力的です。

Air frame ULTRA | JINS – 眼鏡(メガネ・めがね)

メガネとの付き合い

僕とメガネが相思相愛になったのは、忘れもしない17歳の…
ってわけのわからない話は置いといて高校を卒業し授業の黒板が徐々に見えなくなってきてしまい、その頃、SOFFなどの比較的低価格で気軽に作成できるメガネチェーン店がオープンし始めたのをきっかけにメガネとの付き合いが始まりました。
コンタクトも良いのですが気軽につけたり外したりできる。
仕事が忙しく、突然の宿泊でも洗浄液とかいらない
目の疲れや負担などが僕の場合はコンタクトよりメガネのが少ないと感じた
そんな理由から、メガネを選び13~4年メガネ人生です。

メガネは消耗品

すごく、高価なメガネや良いレンズはやはり良いものだと思いますが
度数の変化やデザインの遊びを考えるとメガネは定期的に交換したり
何本か持っておいて使い分けして楽しみたい。
またレンズのコーティングも剥がれてきて徐々に見難くなってきてしまいます。
メガネは定期的に買い換えていく消耗品なのです。
消耗品だからこそ安くて良い商品を選びたい。(高いのだとしょっちゅう買い換えれないし…)


JINSのAir frame ULTRAを選んだ理由

理由はいくつかありますが金額、性能、デザインこの3つのトータルバランスです。
メガネって使っている人ならわかると思いますが少しでも軽いほうが良くないですか?
JINSのメガネは「PES」というなんだかよくわからない新素材を利用しており軽く、丈夫なメガネとなっている。

新素材「PES(ペス)」と出会い、JINSの“軽量メガネ”がさらに進化。
軽さ・掛け心地・デザイン・発色に加え、丈夫さ・しなやかさをプラス。
JINS価格はそのままに、これまでになく新しい「Air frame ULTRA」、遂にデビュー!
引用://www.jins-jp.com/st/airframe/

軽い、と丈夫これが僕にとっては非常に重要なキーワードとなります。
いつも使うものだからこそ軽いほうが負荷軽減してくれます。
そしてすぐに壊れてしまってはメガネがないと生活に困ります。
そして今回この商品を選んだ最大のポイントは、曲げても大丈夫ということ。
今まで使っていたメガネも形状記憶で曲がってしまっても多少歪みは出るものの大きく壊れることはありませんでした。なぜここにこだわるかというと、パソコンやスマホを操作しながら気づいたら寝落ちしてしまった時に…メガネを外し忘れて潰してしまう。
そんな経験したことはありませんか?
つけたまま寝てしまうと場合によってはメガネが変形して歪んでしまって朝から凹む。
でもこのメガネならきっと大丈夫デス、フレームが多少の歪みには対応してくれるし柔軟な謎素材PESでできてるから。
そしてデザインの豊富さとカラーバリエーションの豊かさもこの製品を選ぶポイントです。

レンズも価格に含まれるそしてPCメガネ

このメガネの場合は度付きのレンズは価格に含まれており非常に安価です。
その場で作成してもらうには在庫がある標準の薄型レンズだけとなりますが、超薄型も10日前後待てば作成してくれるそうです。しかも無料(コミコミ価格)です。
今回は+3,990円でJINS PCレンズへ変更しました。
これはブルーライトをカットしてくれることにより疲れを軽減してくれる目にやさしいレンズとなっています。
現在、年末の大感謝祭をオンラインストアで開催しているので店舗より更にお得です。
1本店舗で作成し視力などを測定後はオンラインストアで2本目の購入も良いですね。
僕も、運転用にカラーコントロールレンズとかカラーレンズも購入しておこうかな眩しくてもサングラス使えないのがメガネユーザーの悩みどころ。



ちなみに今回選んだのはこれです

【Air frame ULTRA MEN MATTE COLOR】シリーズ MUF-13A-574 86 | 眼鏡(メガネ・めがね) – JINS

J!NSにはワンピースや進撃の巨人とのコラボ商品もありますよ!


こんな記事のリクエストからディズニーランドに一緒に遊びに行きませんか?というお誘い、写真を一緒に撮りに行きましょうというお誘い、誤字・脱字をはじめ全てのお問い合わせは、こちらへお願いします。
定期的な購読はRSSにご登録お願いします。
掲載している写真の個人的利用、保存はOKですが、複製、再利用、営利目的の利用は禁止です。

ブログ

Posted by とる