オープン型の完全ワイヤレスイヤホン「ambie sound earcuffs AM-TW01」を買ってみた

ambie知ってますか?イヤカフ型で、ちょっと変わったイヤホンなんですよね。

耳に刺すのではなく、耳タブにはめて装着するオープン型イヤホンになります。

騒音のうるさい場所や大音量にすると音漏れし放題なのが気になるところです。

有線タイプとネックバンドタイプが以前から発売されており、有線タイプは持っていたのですが、気になるのが、さきっぽ外れる。これがねめっちゃめんどくさい、非常に嫌で使うのやめたんですよね。

SONYのオープン系イヤホンをテレワークなどで利用してたのですが、ambieが完全ワイヤレスになって、さきっぽが抜ける仕様から変更されたことを最近知ったので、ちょっとお高いですが、買っちゃいました。

有線のときより、音が聞き取りやすくなってる気がします、形状の変化によるものでしょうか。

 


仕様

代表的なスペックを書いておきます。

(本体)片耳約4.2g
(ケース)約25g
対応コーデック:SBC, AAC, aptX, aptX Adaptive
サイズ(本体)20.9mm x 27.9mm x 14.1mm、(ケース)37.3mm× 66mm × 21.2mm
連続再生時間 約6時間、充電ケースと併用することで最大18時間使用可能

ちなみに防水対応なので、雨や汗くらいなら大丈夫だと思います。

オープン型の完全ワイヤレスイヤホンのメリット

・耳に入れてないので、長時間利用しても痛くない
・外音が聞こえるので、リモート会議していても周りの声が聞こえる
宅配便とか、周りから話しかけられても対応できる。逆に人によっては会議に集中できないかも。
・外から音が聞こえてるので、優しく聞こえるから耳も疲れない
・耳から外れる、落ちることがなく、ストレスにならない

デメリット

・耳のそばから音が聞こえる感じなので、カナル型などと違って音質が落ちる
ながら聞き用だからね。
・音量上げすぎると音漏れ
・うるさい環境では、音が聞きにくいので向いてない

開封

写真適当に撮りすぎて、なんか暗い・・・

▼パッケージ表です、めちゃくちゃシンプルだよね。イヤホンの絵が書いてありますね

▼裏面、装着のイメージといろいろ書いてあります。

▼開封!シンプル。本体が鎮座し、小さな箱にはUSBケーブル、本体の下に説明書があります。

▼説明書

▼説明書は、表面は日本語、裏面は中国語?多分中国語。。。読めねぇ

▼バッテリーケースです。意外と小さい感じですね。これなら持ち歩くのにもじゃまにならないな。丸みがあって良い。サイズはキーボードと比べて貰えればと思いキーボードの上で撮影

▼ケース裏側にUSBの充電ポートがあります。TypeCです。

▼蓋を開けると、まぁ本体がありますよね。普通のイヤホンとは違うためなんか不思議な見え方ですね。ambieのmとbの下にオレンジ色に見えるのがLEDです。充電やペアリングのときに参照するよ

▼本体出してみました。キーボード「ね」の右上あたりにある穴から音が出てきます。耳の穴のそばから音が出てくる仕組みです。耳のそばに小さなスピーカーがついてる感じ。

 

▼ペアリング。バッテリケースを開けると「ambie~」の表示がでるよ。

まとめ

ノイキャン、高音質のイヤホンも良いですが、私の場合は長時間使っていると疲れてくるし、耳が痛くなったり、イヤーチップが合わないと、食べながらとか、テレワーク出口を動かしてると、ずれてきたり、落ちたりするので、オープン型のイヤホンも結構好きでつかってますが、今回の完全独立側は、軽いし、ケーブルレスだし、装着感もアップしており、非常にいいですね。

少しお高いですが、これはおすすめです。気になる人は自分へのご褒美でぜひ買っちゃいましょう。


誤字・脱字をはじめ全てのお問い合わせは、こちらへお願いします。
写真撮影、動画撮影のお誘いなど大歓迎です。
定期的な購読はRSSにご登録お願いします。
掲載している写真の個人的利用、保存はOKですが、複製、再利用、営利目的の利用は辞めてください。