台湾に行くならおすすめ現地で買うより安くて早いSIMカード

海外に行くと通信を確保するために、プリペイドや観光者向けのSIMカードを購入したり、モバイルルータを借りていく人が多いのではないでしょうか。今回は台湾にいくときの情報として、Amazonで販売しているSIMが超便利だったのでご紹介です。

おすすめポイント

最初におすすめポイントをまず書いていきたいと思います。

  • 現地で買わず自宅で事前に手に入るAmazonで販売しているということ
  • 台湾3社の回線を利用できるのでどこでもつながる
  • 台湾での回線速度が異常に早い
  • 速度制限は本当に無制限
  • 現地で購入するよりも安い(為替や価格変動がありますが安いか同等の価格)

現地の空港でも台湾では、簡単にSIMカードを購入することができますが、出発前に購入しておけば、言葉や現地の通信プラン、設定がわからなくても日本で準備できるので安心です。

私がAmazonで見つけて購入したSIMはハイブリッドSIMというもので通信大手3社の回線を利用できます。いうならばドコモ、ソフトバンク、auの回線を切り替えながら使えるということです。

※auは通信方式が違うので対応端末が必要になり厳密には違いますがイメージです。

台湾通信会社の中で最大手の中華電信とNTTドコモが出資しているFar EasTone、台湾之星の3社が利用できるHybrid SIM

台湾での通信速度が異常に早いというのは日本と比較してとにかく快適で超早いです。動画もブラウジングも地図もオンライン翻訳もとにかく早くて快適です。

LTE回線で5日間無制限なので本当にめちゃくちゃ利用しても問題なしです。私はテストも兼ねて1泊2日で4GB 近く利用し、テザリングで1GB以上利用しましたが全然帯域制限などもなく快適でした。

以下の周波数帯に対応しているので適用している帯域を利用できる、SIMフリーのスマホを用意する必要があります。

【LTE】:2,600Mhz、1,800Mhz、700Mhz

【3G】2,100Mhz1,800Mhz、900Mhz

利用方法

現地空港についたらスマホに入れている日本のSIMカードと交換します。

交換しただけでは私はうまく通信ができなかったので再起動してあげます。

私の端末(nova lite2)は再起動したら現地のAPN設定が自動的に読み込まれたので選択して終わりです。

APN設定が出てこない場合は、APNに[internet]または[emov]と入れてあげればOKです。

通信会社は、中華電信、Far EasTone、台湾之星のどれかが選ばれていることを確認しましょう。

回線速度

遠傳電信(Fareastone)に接続されており計測アプリは「4Gmark」を利用しています。

ダウンロードが93Mbps、アップロードが34Mbpsとかなり早いです。日本でダウンロードが90Mbpsも出るモバイル回線ありますか?(あるかもしれないけど・・・)

時速290キロくらいでながら移動している台湾新幹線の中でも快適に通信することができました。トンネル内でも問題なしです。

 

 

チャージしながらの利用や5日を超える利用はできませんが、ちょっとした旅行や出張には便利ですよ。ちなみにSIMカードサイズはMicroSIM、NanoSIMともに切り込み線が入っておりどちらでも対応できるようになっています。

注意点は、注文から到着まで1週間程度かかるので早めに注文が必要です。早めに注文しすぎると使用期限があるので期限切れしてしまうかもしれません。私が購入したSIMは、4月上旬に注文して、6月30日が利用期限でした。出発1ヶ月くらい前に注文すれば丁度良いかと思います。5日を超える滞在の場合は2枚購入して5日たったら入れ替えれば良いと思います。


こんな記事のリクエストからディズニーランドに一緒に遊びに行きませんか?というお誘い、写真を一緒に撮りに行きましょうというお誘い、誤字・脱字をはじめ全てのお問い合わせは、こちらへお願いします。
定期的な購読はRSSにご登録お願いします。
掲載している写真の個人的利用、保存はOKですが、複製、再利用、営利目的の利用は禁止です。