MSCクルーズカードとクレジットカードの登録方法

MSCSplendidaへ乗船してきたのですが、最初の難関はクルーズカードとクレジットカードの紐付けでした。

クルーズカードとは?

クルーズをする際に、1人1枚用意されるカードで船内では必ず身につけて持ち歩く大切なカードになります。

クルーズカードには、主に3つの大きな役割があります。

  • その1、部屋のルームキー
  • その2、身分証明書
  • その3、船内の支払いに必要なカード

クルーズカードとクレジットカードの紐づけ

船内の支払いに必要なクルーズカードですが支払い方法として、現金、デビットカード、クレジットカードの3種類があります。

現金やデビットカードの場合、デポジットを預けたり、最終日に精算したりとかなり並ぶし面倒な手続があるため、クレジットカードでの支払いが一般的になるかと思います。

船会社にもよりますがMSCの場合は、JCB、AMEX、MasterCard、ダイナースクラブ、VISAと5種類の国際ブランドに対応しています。

クレカ払を希望する人は、通信状況やカード情報を読み込まないなどトラブル時も対応できるよう、2種以上の国際ブランドに対応したカードを用意しておくことをおすすめします。私は、ダイナースクラブ、AMEX、VISA、JCBの4種類用意していきました。

支払い単位ですが、部屋単位でまとめてや一人ひとり個別登録が可能となっています。(ここが登録の際のポイントです。私は間違えてレセプションで登録解除してもらいました。)

登録方法

カード登録の端末でまずは言語を選びます。日本語にも対応してしました。

▼言語選択

クルーズカードの磁気をスワイプします。機械の画面右側にスワイプする場所があります。(カードリーダーにスライドさせます)

▼クレジットカードを機械の下側に差し込みます。基本はICカードだと思うので磁気スワイプでは通りません。

▼今回はアメックスを登録してみました。カード会社に1回請求が行くみたいです。海外のホテルなどでもある支払い保証枠の確保ですね。

▼PiNの入力です。四桁の暗証番号を下のパットから入力します。

▼ここからが大切なところ。家族で乗る場合はまとめて払いのが楽ですが友達と乗ったりしてる場合は支払いを分けたいと思いますのでここからいろいろ操作が必要です。

▼キャビン内をまとめて払う場合は、はい、分ける場合はいいえ、を選択します。ここの選択を間違えるとレセプションで解除してもらわないといけません。

▼サインしたら終わり

▼まとめ払いしない場合はこんな画面が出てきます。

▼名前の横の緑色のチェックを外した人がまとめ払から解除されます。ここのチェックをつけた人はそのまままとめ払いされてしまいます。

今回は、お土産など好きに買えるよう別会計にしました。基本は私のクルーズカードで支払い、お土産などはそれぞれで支払うようにしました。

大切なこと

クルーズカードと紐づける際には4桁の暗証番号が必ず必要となりますので確認しておきましょう。

船内ツアーなどは部屋の代表者から自動的に引かれるようになるのであとで現金精算が必要になります。私は家族といったのでバラで払ったのはお土産系のみであとは全部私のカードを使って払いました。


こんな記事のリクエストからディズニーランドに一緒に遊びに行きませんか?というお誘い、写真を一緒に撮りに行きましょうというお誘い、誤字・脱字をはじめ全てのお問い合わせは、こちらへお願いします。
定期的な購読はRSSにご登録お願いします。
掲載している写真の個人的利用、保存はOKですが、複製、再利用、営利目的の利用は禁止です。

ブログ

Posted by とる