みんなが気になる他人の給与、正社員の平均年収442万円

他人の年収気になりませんか?

普段は気にならないのですがこういう調査結果をみると気になります。
みなさんは周りの人、同年代、職業別で気になりますよね?
インテリジェンスが運営する転職情報サイトが調査したようです。

調査結果

気になる調査結果を引用して見ました。

転職を考える際に重視されるのが年収。他の人はどれだけ受け取っているか知っているだろうか。20―50歳代の正社員の場合、2012年度は平均442万円で、前年から4万円減。職種別で最も高収入なのは「投資銀行業務」(986万円)、最も低いのは「医療事務」(271万円)だった。
この調査は2011年10月―2012年9月の期間、DODAに登録した約10万人のデータをもとに、20―50歳代の正社員の平均年収(手取りではなく支給額)を年齢別、職種別などにまとめた。現在の自分の年収と比較して高いか低いかを見るのも転職の参考になるだろう。
平均年収の2007年以降の推移を見ると、リーマンショックによる給与・ボーナスカットの影響で、2007年から2008年にかけては15万円減と大きく落ち込み、2008年から2009年にかけては11万円増と回復するものの、2009年以降は3年連続で減少している。
2012年度の平均年収を年齢別で見ると20歳代が343万円で前年から2万円減、30歳代が458万円で前年から1万円減、40歳代が608万円で前年から2万円減。一方50歳代は前年から21万円増えて754万円となった。
また20歳代と30歳代の平均年収は2007年から2012年まで5年連続で減少しており、若年層の年収は景気と関係なく下降傾向にある。
職種別に見ると、最も平均年収が高いのは「投資銀行業務」(986万円)。続いて「CEO(COO/CFO/CIO/CTO)」(966万円)、「運用(ファンドマネジャー/ディーラー/アナリスト)」(777万円)。4位が「経営企画/事業企画」(683万円)、5位が「MR(医薬情報担当者)」(656万円)。金融系専門職や企画/管理系が上位を占めた。
これに続いて6位は「ITコンサルタント」(655万円)、7位は技術系(電気/電子/機械)の「セールスエンジニア/FAE」(633万円)。この後「プロジェクトマネジャー」(630万円)、企画/管理系の「コンサルタント」(629万円)、「マーケティング」(584万円)、技術系(IT/通信)の「社内SE」(583万円)と続いた。6位以下は技術系職種が多く入る。
一方、平均年収が低い職種は「医療事務」(271万円)、「美容師/エステシシャン」(273万円)、「ホール・サービススタッフ」(283万円)だった。
[データ] 正社員の平均年収442万円、自分の支給額より高い?低い? – bizmash!:@nifty

■今日の思い

社内SEが仕事楽なのに意外ともらっていてちょっとびっくり。25歳の頃から30代平均はかろうじて超えていますが、40代になったら果たしてこの金額を越えれるのだろうか…
社畜で上から下からいろいろ言われ仕事をするなら年収は少なくても好きなこと、大切な人のそばにいる時間を多く取れる仕事をしたいなと最近思ってます。
「お金で変えない価値がある」なんてCMのうたい文句がありますが最近ストレスとかでいろいろと実感してます。

バカでも年収1000万円:Amazon.co.jp:本


誤字・脱字をはじめ全てのお問い合わせは、こちらへお願いします。
写真撮影、動画撮影のお誘いなども大歓迎です。
定期的な購読はRSSにご登録お願いします。
掲載している写真の個人的利用、保存はOKですが、複製、再利用、営利目的の利用は禁止です。