ライコネン復帰理由「時計相手でなく人間を相手にバトルがしたかった」

来年F1に復帰することが決まったキミ・ライコネンが、 この2年WRCに出場し
てきたが、他のドライバーとバトルをするレースが恋しくなったと語った。
キミ・ライコネンはロータス・ルノーGPと2012年からの2年契約を結んだ。
ライコネンに関してはモチベーションの維持が問題視されがちだが、F1復帰に
あたって、自分のモチベーションに問題はないと彼は強調してい る。
「モチベーションがなければ復帰しなかった」とライコネンはチームのビデオイ
ンタビューで語っている。
「モチベーションについては常にいろいろと言われている。でも僕が何をしてい
て、何を考えているのかは、僕以外の人間には分からない。だから 誰が何を
言っても気にしない」
「復帰を楽しみにしている。楽しめると思えなければ契約を結ばなかっただろ
う。楽しくなりそうだよ。復帰に向けてわくわくしている」
今年ライコネンは、NASCARに出場したことで、レースで他のドライバーとバト
ルをしたいという気持ちが強くなったと述べている。
「F1でレースをすることへの情熱を失ったことはない。ただF1を取り巻くいろい
ろなことが問題だったといえるかもしれない」とライコネン。
「今年NASCARでレースをして以来、またレースでバトルをしたいという気持ちが
どんどん強くなっていった。ラリーでは時計が相手だから ね」
「F1関係者何人かから連絡を受け、事態が進行し、ロータス・ルノーといい会話
ができ、彼らと契約を結ぶことができた。とても満足している」
ライコネンは、ウイリアムズとも交渉していたことを認めた。
「ふたつの選択肢があった。このチームかウイリアムズだったが、結局はロータ
ス・ルノーとの間で僕らが思うような形ですべてがうまくいった。 それが
(ロータス・ルノーを選んだ)理由だ」
[オートスポーツweb 2011年11月30日]


ライコネンファンとしてはもう一度F1で見れるという事は
非常に嬉しい事ですね!!
いい走り期待しています。


こんな記事のリクエストからディズニーランドに一緒に遊びに行きませんか?というお誘い、写真を一緒に撮りに行きましょうというお誘い、誤字・脱字をはじめ全てのお問い合わせは、こちらへお願いします。
定期的な購読はRSSにご登録お願いします。
掲載している写真の個人的利用、保存はOKですが、複製、再利用、営利目的の利用は禁止です。

タイトルとURLをコピーしました