ホワイトデーのお返しをもらってないけど考えてみたらこうなったぁぁぁぁぁ!!なんか面白いものもっと探してみよう

ブログ

20140227-072517.jpg

どうも、こんにちわ。
僕みたいにもてない人は気が楽です。バレンタインデーでチョコをたくさんもらった男子はホワイトデーのお返し何が良いか迷っていませんか?
今回はホワイトデーのお返しから歴史などちょっとした情報をまとめてみたよ。
ぜひ最後までごらんください。

ホワイトデーの歴史

そもそもホワイトデーはいつから何のために設定された日なのかここにはじつは深いわけが‥
とか言いつつホワイトデーの歴史とか知らなかったのでお馴染みWikipediaで調べてみました。

日本でバレンタインデーが定着するに従って、菓子業界でそれにお返しをする日を作ってはどうかという案が出された。これを受けた菓子業界では、昭和40年代に入って以降、個々に独自の日を定め、ビスケットやマシュマロ、キャンディ等を「お返しの贈り物」として宣伝販売するようになった。
日本におけるホワイトデーの元祖については諸説あり、ホワイトデーの時期になると各陣がそれぞれが元祖だと広報している。銘菓「鶴乃子」で知られる福岡市の老舗菓子屋「石村萬盛堂」が、1978年(昭和53年)、この日にバレンタインチョコのお返しとして「君からもらったチョコレートを僕の優しさ(マシュマロ)で包んでお返しするよ」とチョコマシュマロを「マシュマロデー」として売り出し、その後、クッキーやキャンディなどをこの日に発売する菓子店が続出

 
引用:wikipedia
なるほどなるほど、結局はバレンタインデイのせいでホワイトデーができたけど、「僕の優しさをつつんで‥」なんて素晴らしい物語なんだろう。
ちなみにホワイトデーって公式サイトがあるの知ってましたか?

ホワイトデー 公式サイト

彼女へのお返しはやっぱりアクセサリーでしょ

彼女へのお返しは義理チョコのお返しとは違ってやっぱりちゃんとしたアクセサリーがいいと思うんですよ。そこで”お手軽に可愛くて喜ばれる”であろうアクセサリーを選んでみました。
これはTHE KISSというアクセサリーメーカーとディズニーがコラボして制作しているものでまずはミッキーとミニーのペアリング、彼女だけへのプレゼントでも良いと思いますがここは更に喜ぶであろうペアをアピールしてみませんか?
素材はシルバーなのでお手軽価格ですが二人をつなげるハートとダイヤが埋め込まれているミッキーマウスがポイントです。
シルバーの上にコーティングがあるらしく通常よく見られる酸化により黒くなるのもだいぶ軽減されると思います。
(画像クリックで商品ページへ飛びます)



もうペアリングなんてもってるよという人は、胸元にミッキーネックレスなんてどうでしょうか?
ミッキーをモチーフにした3つのサークルの中にピンクトルマリン、ピンクアメシスト、シトリンの石が埋め込まれています。
ちなみにピンクトルマリンは10月の誕生石で「好きな人と両思いになりたい」という思いが込められています。ピンクアメシストは2月の誕生石で「精神状態を安定に導き、苦しみや不安、ストレス等を和らる」力を持っているようです。シトリンは11月の誕生石で「富をもたらす幸運の石」という力を秘めています。
3つ合わせると両思いになり精神安定、お金持ちステキ


義理チョコには「俺の優しさ」

倍返しだ!なんて言葉もありますが、伝統を守ってチョコをくれたならやっぱりお返しはマシュマロでしょ。
ディズニー好きにオススメくまのぷーさんマシュマロ

会社やちょっとおしゃれな人にはこちら、ちなみにこれ送料のがなぜか高い。クールかな?

個人的にこれ欲しい

ものより気持ちという人は旅行なんかもお勧めです。


こんな記事のリクエストからディズニーランドに一緒に遊びに行きませんか?というお誘い、写真を一緒に撮りに行きましょうというお誘い、誤字・脱字をはじめ全てのお問い合わせは、こちらへお願いします。
定期的な購読はRSSにご登録お願いします。
掲載している写真の個人的利用、保存はOKですが、複製、再利用、営利目的の利用は禁止です。

タイトルとURLをコピーしました