Appleを語るフィッシング詐欺にご用心

2018-03-08

どうも、こんにちわ。
最近、iPhoneが大人気となっています。
iPhoneを購入するということはアプリの購入やiCloudバックアップなどで利用するためにAppleIDをほぼすべての人が1つ以上持っているのではないでしょうか。
そこでYahooニュースにもなっていますがこの大量のユーザーのIDが狙われています。
僕のところにはまだ来ていませんが、パスワードをリセットする旨のメールが来てアクセスするとまさに詐欺サイトへのリンクでまんまとパスワードが抜かれてしまいます。
と言うより騙されているあなたはパスワードを自ら教えているのです。
詐欺にご注意を

アップルの「Apple ID」のパスワードを聞き出そうとする、日本語のフィッシングメールとみられるものが大量に送信されていることが23日分かった。パスワードの再設定を促しパスワードを入力させようとする手口で、アップルジャパンもこのメールを確認している。
【メールを開くとこんな画面】アップルIDの新しいパスワード入力を要求する画面
 メールの題名は「Apple IDパスワードの再設定方法」。●●様と、メール受信者の名前に続いて、「Apple IDパスワードの再設定は、下記URLをクリックし新しいパスワードの設定画面で行ってください」。「上記URLの有効期限は、このメール送信後3時間です」などとある。
 文中の「Apple IDパスワードを再設定します」という箇所をクリックすると別画面に飛び、パスワード入力画面になる仕組み。正規のアップルサイトとそっくりに作られている。
 ネットでは数日前から話題になっており、「最近続く、アップル社の発表に合わせたものではないか」「セキュリティーの甘いユーザーとしてリストに加えられるため、再設定画面をクリックしてはいけない」などの意見が掲載されている。
via://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131023-00000019-maiall-soci


こんな記事のリクエストからディズニーランドに一緒に遊びに行きませんか?というお誘い、写真を一緒に撮りに行きましょうというお誘い、誤字・脱字をはじめ全てのお問い合わせは、こちらへお願いします。
定期的な購読はRSSにご登録お願いします。
掲載している写真の個人的利用、保存はOKですが、複製、再利用、営利目的の利用は禁止です。

ブログ

Posted by とる