ブログを独自ドメインで運用してみよう

2017-11-04

20120808-152139.jpg

大手ブログとは違った自由度が高い独自運用、ブログを書いているといずれやってみたくなりますよね。
ブログサイトの規約変更によりサイトが停止されてしまったり、広告が邪魔な位置に入ってしまったり、容量が足りなかったりアップロード画像に制約があったり色々な理由で独自運用を検討される事は多いと思います。
今回は、ブログ運営を独自運用するためのさわりを書いてみました。


1.ほしいドメイン名を決める
まずは自分が取得したいドメイン名を決めます。ドメイン名を決めたら今度は、決めたドメインを取得できるかどうかwhoisで検索しましょう。
IPドメインSEARCH(//www.mse.co.jp/ip_domain/index.shtml)
ドメイン/IPアドレス(//www.cman.jp/network/support/ip.html)
このあたりで検索するとドメインが取得されているか検索することができます。
2.ドメインの取得
希望するドメインがまだ取得されていないものであれば取得してしまいましょう。取得サービスはいろいろとありますが代表的なものをいくつか
Value-domain   //www.value-domain.com/
お名前.com    //www.onamae.com/
ムームードメイン //muumuu-domain.com/
3.WordPressが動くレンタルサーバを決める。
無料でもいくつかありますが有料の安いサーバにしましょう。無料サーバはMySQLの動きが遅かったりでページの表示にストレスを感じたりサポートがいまいちだったり独自ドメインが利用できなかったりします。無料で簡単に利用できるのはxreaです。
このサイトは、xrea+を利用していますが近々お引越しを検討中です。
(時間帯によっては非常にレスポンスが遅いのです)
おすすめ
xrea+    valuedomainでドメインを取得して気軽に始めるにはここ
ロリポップ  安いので利用者多いと思います。
ヘテムル   ここもよく話題に上がっています。大容量でドメイン無制限
       Perl,SSI,Ruby,Python,PHP,Smrty,Cron,MySQL,SQLiteなどが利用できます。
       簡単インストールでWordpressのほかにMovableTypeやXOOPS、オンライン販売をしたい人はEC-CUBEなど利用することができるようです。
XSERVER   ここも有名どころですよね。有名なブロガーさんが結構使っています。
ミニバード  料金の割にはいろいろと利用できるのでおすすめ
ここまでは共有で利用するサーバです。
移行先として検討中なのが「さくらのVPS 1G」です。
月額980円でメモリ1GB、HDD100GB、CPU仮想2コア、ドメインは5つまで対応、ここはROOT権限がもらえて自由に構築することができます。、なにより回線も早いし共有ではないので安定稼働するだろうしIPアドレスも付与されます。、自宅サーバにて運用するより安いし安全だと思います。
(自宅サーバの場合、電気代、回線代、空調代などがかかる)
4.MySQLへデータベースの作成
 MySQLのデータベースを作成します。 WordpressはMySQLで稼働するためユーザを作成しデータベースを作成します。
5.Wordpressのインストール
 レンタルしたWebサービスに簡単インストール等あればそれでインストールします。簡単インストールにて対応できないのであればWordPressをUploadして対応します。
以上になります。これから始めてみたい人の参考になるといいな。


こんな記事のリクエストからディズニーランドに一緒に遊びに行きませんか?というお誘い、写真を一緒に撮りに行きましょうというお誘い、誤字・脱字をはじめ全てのお問い合わせは、こちらへお願いします。
定期的な購読はRSSにご登録お願いします。
掲載している写真の個人的利用、保存はOKですが、複製、再利用、営利目的の利用は禁止です。