iPhoneだけでWordPressのサイトを構築してみよう3回目~サービスインストール~

[browsershot url=”//vps.sakura.ad.jp/” width=”380″]
1回、2回と随分前に書きましたら今回3回目は、サービスのインストールです。

1.入れるサービス

WordPressを動かすために最低限必要なサービスはまず何があるでしょうか。
・Apache ウェブサービスを作るなら必須です。
・MySQL WordPressのデータベースです。
・PHP WordPressはPHPというスクリプトで動作しています。

2.サービスのインストール

以下コマンドを実行してサービスをインストールしましょう。
コマンド入力にはiPhoneのSSHアプリを利用すると便利
[html]
yum install -y gcc httpd httpd-devel php php-devel php-mbstring php-mysql php-pdo php-mcrypt php-pear php-xml php-gd pcre-devel mysql-server
[/html]

3.サービスの起動

インストールしたらとりあえずサービスを起動してみます。
[html]
service httpd start
service mysqld start
[/html]

4.MySQLのパスワード設定

root(管理者)権限のパスワードを設定します。
[html]
mysql -u root
UPDATE mysql.user SET Password = PASSWORD(‘rootパスワード’) WHERE User = ‘root’;
FLUSH PRIVILEGES;
quit
service mysqld restart
[/html]

5.サービス自動起動設定

このままではOSを再起動したりするとサービスが自動的に起動しなくなってしまいます。
そこで自動起動するよう設定します。
[html]
chkconfig mysqld on
chkconfig httpd on
[/html]

6.MySQLのユーザ作成とパスワード設定

WordPressにて利用するIDとパスワードを設定します。
[html]
mysql -u root -p
CREATE USER ‘ユーザ名’@’localhost’ IDENTIFIED BY ‘パスワード’;
GRANT USAGE ON * . * TO ‘ユーザ名’@’localhost’ IDENTIFIED BY ‘パスワード’ WITH MAX_QUERIES_PER_HOUR 0 MAX_CONNECTIONS_PER_HOUR 0 MAX_UPDATES_PER_HOUR 0 MAX_USER_CONNECTIONS 0 ;
GRANT ALL PRIVILEGES ON `ユーザ名_%` . * TO ‘ユーザ名’@’localhost’;
FLUSH PRIVILEGES;
quit
[/html]

7.データベース作成

WordPressのデータベースを作成します。
[html]
mysql -u ユーザID
CREATE DATABASE `DB名` DEFAULT CHARACTER SET utf8 COLLATE utf8_general_ci;
[/html]

■今日の思い

随分書くのが遅くなってしまいました。
ほかにもFTPとか入れておいた方が良いかもしれません。
ちなみにFPT入れるなら以下コマンドでインストールできます。
[html]
yum -y install vsftpd
[/html]
CentOSとWordPressの入門時に参考になる書籍です。


誤字・脱字をはじめ全てのお問い合わせは、こちらへお願いします。
写真撮影、動画撮影のお誘いなども大歓迎です。
定期的な購読はRSSにご登録お願いします。
掲載している写真の個人的利用、保存はOKですが、複製、再利用、営利目的の利用は禁止です。