場面や人で変わる

iPhoneで手軽にとった写真から一眼レフで真面目に何かを伝えようとして撮った写真などインターネットには多くの写真が溢れているそんな昨今、当たり前といえば当たり前ですが、写真や画像は見る人によって非常に求めているのもが違うんだなと実感したのでちょっとそこあたりについて書いて行こうと思います。

トップ写真

このブログに掲載しているトップ写真は昨日iPhoneで記録ように撮影して、インスタグラムとTwitterへ投稿したものです。
Instagram 3.4.1(無料)App
カテゴリ: 写真/ビデオ, ソーシャルネットワーキング
販売元: Burbn, Inc. – Burbn, inc.(サイズ: 15.1 MB)

Twitterとインスタグラム

個人的な感想ですが、インスタグラムはどちらかというとかわいい写真なと芸術的な写真が多くTwitterでは日常の写真が多いように感じます。
そんな中このトップの写真はインスタグラムでは「いいね」が現在24件とやはり少なめです。
そんななかTwitterに投稿したら「お気に入り(fav)」に7人、リツイートが何と24人
そして最大で1万3千人以上の目に触れる投稿となりました。
ここから見えてくるのは、Twitterはリアルタイム感や情報として欲しいものが重視されている。写真としての需要ではなく情報としての需要が多い、一方Instagramは写真として綺麗なもなど写真重視と言った感じでしょうか。

〆の一言

別にこういうことを考えながら利用していたわけではないですが、たまたま気づいたことを記事にして見ました。というよりみなさんとっくに気づいてたとは思いますが…(^_^;)


最近、楽天ROOMをはじめてみました。購入した商品、気になる商品をどんどん追加していくので見てね♪

誤字・脱字をはじめ全てのお問い合わせは、こちらへお願いします。
写真撮影、動画撮影のお誘いなど大歓迎です。
定期的な購読はRSSにご登録お願いします。
掲載している写真の個人的利用、保存はOKですが、複製、再利用、営利目的の利用は辞めてください。

By とる