激安撮影ボックスがあると小物撮影が捗る!スマホ撮りでもきれいに撮れるよ!

撮影ボックス、使ってますか?

オークションやメルカリへの出品、ブログように物撮りする時にあると便利な撮影ボックスなのですが、これカメラマンやセミプロが使っているプロの道具と思ってる人はいませんか?

そんなことないんですよ。今やAmazon(アマゾン)で格安で売っているんですよね。

����¯�¿�½������¦������¯������¿������½����¯�¿�½������¥����¯�¿�½������£������¯������¿������½������¯������¿������½����¯�¿�½������£������¯������¿������½����¯�¿�½������®����¯�¿�½������§������¯������¿������½������¯������¿������½����¯�¿�½������¦����¯�¿�½������´����¯�¿�½������»����¯�¿�½������£������¯������¿������½����¯�¿�½������«happy����¯�¿�½������£������¯������¿������½������¯������¿������½����¯�¿�½������£������¯������¿������½������¯������¿������½����¯�¿�½������£������¯������¿������½����¯�¿�½������©����¯�¿�½������£������¯������¿������½����¯�¿�½������¹����¯�¿�½������£������¯������¿������½������¯������¿������½����¯�¿�½������£������¯������¿������½������¯������¿������½����¯�¿�½������¯����¯�¿�½������½������¯������¿������½����¯�¿�½������£������¯������¿������½������¯������¿������½����¯�¿�½������£������¯������¿������½������¯������¿������½����¯�¿�½������£������¯������¿������½����¯�¿�½������¿����¯�¿�½������£������¯������¿������½����¯�¿�½������¹

なぜ撮影ボックスが必要なのか

撮影ボックスをおすすめするには理由があります。

まずは、背景がきれいになります。撮影するための専用スタジオみたいなものなので、背景がきれいになります。家の中で撮影すると一番上に掲載した写真の様に、床板が出てきたり、背景に壁やカーテン、生活感が現れてきちゃいます。

光のコントロールが楽になります。部屋の中で撮影していると、部屋の電気の影になったり明るさにムラがでてきてしまいますが、撮影ボックス+ライトを使うことで明るさのムラも極力簡単に抑えることができます。

今回、購入した激安撮影ボックスはLEDライトが2本(奥の上と手前の上)に着いているのでUSBケーブルを接続してモバイルバッテリーにでも繋げば、すぐにライトがつく仕様になっています。

スイッチはついてないので、ケーブルを接続するだけな簡単仕様です。LEDなので高温にもならないので食べ物(スイーツ)の撮影なんかにも使えちゃいますよ。インスタ映ですね。

格安撮影ボックスの中身

今回、購入したのはなんと1千円台という格安っぷりで、かつLEDライトが2列配置されているものになります。撮影用の布も6色入っており、背景を簡単に変更することができます。

PULUZという謎なメーカーの製品となります。サイズは組み立てると20cm四方になります。そんなに大きくないので、小物撮影用のサイズとなります。組み立てといってもパチパチ、ホックを止めるだけなので簡単です。

撮影ボックス(LED付き)、USBケーブル、背景用の布が入っています。布といっても不繊維布みたいな感じです。高級ブランド品の財布やカバンを包む際に使われてそうな素材です。

撮影ボックスで撮影してみた。

何はともあれ撮影してみました。

まずは、何もおかず、LEDライトを付けずに箱の中を撮影です。少し暗いですがこんな感じです。ただの箱って感じですね。

モバイルバッテリーとLEDライトを接続すると、撮影ボックスの中はかなり明るくなりますよ。

撮影ボックスの中のLEDフライトをです。これが奥側と手前側の2箇所に配置されています。手前からも撮影できますが、上の丸い箇所からも真上からの撮影もできます。真上から撮影した写真は後ほど

LEDライトを付けて、35周年モデルのG-SHOCKを撮影してみました。G-SHOCKって東京ディズニーランドと同じ35周年なんだよね。今年はじめて知りました。もう少し明るく撮っても良かったかも、撮影ボックスの中はかなり明るいので白飛びしちゃうんですよね。

超小型なOTG(USBホスト)コネクタを撮影してみました。これ便利なのでおすすめです。OTGのコネクタとSDカードリーダーを接続すれば撮影した写真をすぐにスマホに取り込む事ができますよ。下の写真の左下あたりを見ると布の質感が、少しわかりますね。

▼スマホで撮影して無加工の写真です。・・単焦点の一眼レフで撮影するよりスマホのが寄れるし便利かも。ちなみに撮影したスマホは、カメラフォンでお馴染みのOPPO R11sで撮影しました。だいぶ繊維のような布の感じまで捉えてますね。このあたりキレイに撮影するための試行錯誤(コツ)が必要です。

真上の丸い穴からスマホで撮影しました。なかなかキレイに撮れているのではないでしょうか。スマホ×撮影ボックスでかなりキレイにそれっぽい写真が簡単に(手抜きで)撮影できることがわかると思います。

こんな感じで上の穴から撮影すると先程の写真を撮影することができます。

・今回ご紹介した撮影ボックスとG-SHOCKになります。ディズニー35周年のG-SHOCKはかなり価格が上がってますね。ちなみに30周年のは持ってます。電波時計ならいいのに・・・


こんな記事のリクエストからディズニーランドに一緒に遊びに行きませんか?というお誘い、写真を一緒に撮りに行きましょうというお誘い、誤字・脱字をはじめ全てのお問い合わせは、こちらへお願いします。
定期的な購読はRSSにご登録お願いします。
掲載している写真の個人的利用、保存はOKですが、複製、再利用、営利目的の利用は禁止です。