ながらイヤフォンで話題のambie(アンビー)を買ったぞ!お昼休みとか話しかけられてもOKなので超便利

音楽強いこだわりは無いが、クラブミュージックや洋楽、ディズニーパレードなどをよく聴いています。

2017年に発売されながらイヤフォンとして話題のambie(アンビー)を最近使っています。

音楽にこだわりが無いとは言いつつ、そこそこ良い音で楽しみたいので、今までノイズキャンセルの製品やヘッドホン、カナル型イヤフォン、カスタムIEM、左右独立型など色々と試していました。

3種類のイヤフォンの使い分け

  • カスタムIEM・・・飛行機や騒音が大きい場所、フィット感の高さや、雑音のシャットアウトが凄いので音に集中したいときに利用しています。
  • 独立型イヤフォン・・・最近一番利用しています、ケーブルレスなのはやはり便利ですね。通勤電車や昼休み、気軽に音を楽しみたいとき、バッテリーの持ちが3時間程度なので長時間利用には向いてないです。
  • ambie(アンビー)・・・家でスマホを利用してAmazonプライムビデオを見たり、突然話しかけられても聞こえるので、まさにながら聴きする時に利用しています。

完全独立型は、パイオニアのSE-C8TWを使ってます。

ambie(アンビー)の特徴

ホームページやレビューサイトの記事にも色々と書いてありますが、最大の特徴は、耳に装着する際に、耳に入れるんではなく耳に挟むといったところではないでしょうか。

耳に入れないので、痛くならない、長時間聞いていても疲れないため、BGM感覚で長時間聞くことも違和感なく使えます。ディズニーランドでパレードを待ちながら音楽を聴くのに最適だと思います。(パークのBGMも結構音が大きいのでスピーカーの位置によっては音楽あまり聴こえないかもしれないです)

カスタムIEMは鼓膜の近くで良い音を鳴らすのに対して、ambieは鼓膜から離れたところで音が鳴るといった感じでしょうか。

街中や放送など聞きたい場所(空港や病院など)で聞くには最高です。

ワイヤレスタイプとワイヤーありのタイプがありますが、今回はワイヤーありタイプにしました。

ambie(アンビー)を使ってみて音の特徴

低音は、ほぼ鳴らず、中音~高音はかなりきれいに聞こえます。歌声やBGMとして聴いているヒーリングミュージックなどはかなり綺麗に聞えます。

外から音が鳴ってるから、どんなもんなんだろうと思ってましたが、すごく違和感なく綺麗に聴こえます。静かな空間で聴いてると心地よいサウンドです。

駅や車の通りが多い道路などではあまり聴こえず物足りなさもあります。

今までにない新感覚イヤフォンなので、一度是非体験してみて欲しいですね。ちなみにソニー製のドライバが入っていると公式サイトには記載されていますね。

重低音が大好きな人には物足りないと思います。

ambie(アンビー)の装着感

最初は、着けるときにちょっと慣れないのですが、何度か装着しているとすぐに慣れてきます。

めちゃくちゃ軽いので着け心地は、快適そのものです。耳の中から直接なっているわけじゃないので音がやさしく、すごく心地良いです。家でスマホを利用して動画を観たり、音楽を聴くときはambieを使っています。慣れると病みつきになりますよ。

気になる音漏れ

聴く際の音量次第ですが、Androidのスマホで50%くらいの出力でもそこそこちゃんと聴こえます。耳から30センチ位離れたところでかすかに音が聞こえる程度です。80%くらいの出力でもあまり音漏れはしていないと思います。

ある程度、音道管を通り耳に向けてなるように設計されており、指向性があるため、他の方向からはあまり聴こえないとは思います。

電車で隣に座ってる人は気になる、満員電車で隣に立っている人は気になるとは思いますが、少し離れれば気にならないレベルだと思います。そもそも電車内の音などで音が聞き取りにくいというレビューもあるため周りの人は気にならないレベルかもしれないですね。

電車の中でも使ってますが、音はあまり聴こえずまわりの音にかき消されます。ささやかに聞くBGMといった感じです。

ながらイヤフォンいろいろ

軽くて、比較的お安いので今回は、ambie sound earcuffsを購入しましたが、ながらイヤフォンとして使えるのは、ambie以外も色々と出ているので、ご紹介したいと思います。

骨を使った骨伝導技術のイヤフォンです。

SONY製のながらイヤフォンです。正直高いと思って今回は除外しました。

ネックスピーカーという種類で肩に小型なスピーカーを乗せている感じです。

Ambieのワイヤレスタイプです。価格がワイヤーありに比べると少し高めです。

ambie sound earcuffsです。今使っている製品になりす。

今は売り切れはありませんが、一時は、売り切れたも発生していた人気商品です。自分へのクリスマスプレゼントとして購入してみるのはどうでしょうか。


こんな記事のリクエストからディズニーランドに一緒に遊びに行きませんか?というお誘い、写真を一緒に撮りに行きましょうというお誘い、誤字・脱字をはじめ全てのお問い合わせは、こちらへお願いします。
定期的な購読はRSSにご登録お願いします。
掲載している写真の個人的利用、保存はOKですが、複製、再利用、営利目的の利用は禁止です。