LCC「チェジュ航空(jejuAir)」に初めて乗りました!

ブログ

Galaxy S10の購入とストレス発散も兼ねて韓国へ安く行きたかったので、韓国のLCCであるチェジュ航空にはじめてのりました。

意外とよかった!!

政治的な問題などで韓国嫌いな人も多いと思います。私も韓国の政治は好きになれませんが、行ってみると韓国の人たちは親切だし、言葉がわからないながら道を教えてもらったり、バスを教えてもらったりだいぶ助けてもらう旅をしてきました。

チェジュ航空の特徴(他のLCCより荷物が多いときは有利)

チェジュ航空は、韓国の航空会社でここ数年流行りの格安航空会社(LCC)です。

LCCの特徴としては、チェックインカウンターや搭乗口が端っこや専用ターミナルであったり、持ち込み荷物の重量制限が厳しく、食事も飲み物も全部有料、預け荷物は有料で、座席幅が狭く、座席指定料も有料、はい、こんなのがLCCでの特徴です。

ただしチェジュ航空は、以下の項目が他のLCCとは違って無料なんですよ

  • 機内持ち込み10キロまで無料!(国内のLCCは5キロや7キロが多いです)
  • 預け荷物20キロまで無料!(料金により15キロまでや有料の場合もあり)
  • 機内での水が無料!(普通は水の有料)

わたしの場合は、片道6000円弱の航空券で15kgまで無料でした。受託荷物が無料で預けられるのは結構大きいです。韓国へ行くと韓国のりやお土産に顔パックなど大量に購入したりすると思いますが、スーツケースに入れた場合の受託荷物が無料になるのはかなり大きいですよね。

座席は快適?!

座席に関しては、今回、追加料金を払い、事前座席指定で1列目を予約していたので足元の幅という意味では、広々していて快適でした。隣の席が空いてましたが、予約していない人が勝手に座らないように”reserve”の札を立ててしまうので、不公平感を抱くこともなく対応良いなと思ってのが正直な感想です。

空港での対応

成田空港を利用しましたが、LCCはおなじみ第3ターミナルです(第2ターミナルからバス移動か数百メートル歩きます)

空港のチェックインなどはチェジュ航空のスタッフが対応でしたが、日本語も普通に通じるし全然問題なしです。LCCはにもつの規定が複雑だったりするので重さや追加料金など手間取ってるお客さんが少し多い印象で時間がかかります。

チェックイン開始の10分前くらいから並んでおいたほうが、あとあと並ぶ時間が短縮できていいと思います。成田の場合、早く制限エリアに入らないと椅子とかも少なくてずっと立って待ってる羽目になりますよ。

一方、今回利用した釜山の金海国際空港(キメ)は、FSCもLCCも同じターミナルなので問題なしです。アーリーチェックインもできてLCCとは思えない快適さでした。

※アーリーチェックインは、実際に乗る便の指定たされチェックイン時間よりも早くチェックインすることです。

金海国際空港は、軍民利用の空港なので写真撮影禁止です。軍用機もかなりたくさん駐機されていたのでトラブルにならないようくれぐれも写真は撮影しないよう注意してください。

ちょっと韓国へ行きたいなと思ったときに、ソウルではなく、釜山という選択肢もありですね。国内を電車移動でソウルまで行くことも可能ですしね。

また乗ってもいいと思えるLCCでした。

 

 

 


こんな記事のリクエストからディズニーランドに一緒に遊びに行きませんか?というお誘い、写真を一緒に撮りに行きましょうというお誘い、誤字・脱字をはじめ全てのお問い合わせは、こちらへお願いします。
定期的な購読はRSSにご登録お願いします。
掲載している写真の個人的利用、保存はOKですが、複製、再利用、営利目的の利用は禁止です。

タイトルとURLをコピーしました