乗り換え組!楽天モバイル「Rakuten UN-LIMIT」プランへ早速変更!

ブログ

楽天モバイルが、4月8日よりサービス開始となり、新規組は3月中から申し込みができたため8日より利用できていたようですが、乗り換え組は4月8日以降に申し込みができるということでしたが、全然、申込みサイトがつながらず、メンテナンスのままとなっていたのですが、4月9日にメンバーステーションから乗り換えの申し込みサイトに接続できたため、乗り換えちゃいました。

9日21時ごろに申し込みし、11日10時ごろにはSIMが手元に届きました。

内容物

スタートガイド(切り替えの手順などが書いてある紙)、SIMカード、SIMカードの切り出し方を説明した紙、と非常にシンプルな内容物となっています。ちなみにSIMカードは、NanoSIM、MicroSIMと3サイズに適用したSIMになっています。

私の端末は、NanoSIMなので一番小さいサイズに切り出します。

MNPの回線切替

早速開封やらしていき、使ってみました。設定はマニュアルに書いてあるまま実行すると超簡単に切り替えることができました。

スタートガイドを開くと、現在の番号でMNPをする場合と、新規番号で登録する場合の2パターンが記載されています。MNPの切り替えもすごく簡単で、WEBからボン1つで簡単に切り替えることができました(あちこち電話して30分待ってということもなく、10分位で電波を掴みました)


my楽天モバイルアプリで通信量の確認や、通信速度の測定、楽天電波なのか、au電波なのかどちらでつながっているのか確認機能、チャット機能等が利用できます。RakutenLinkは国内無料通話とSMSの送信が無料となるので、この2つのアプリは必須ですね。

ちなみにMNPの切り替え条件は、当日切り替えしたい場合は、時間厳守で作業する必要があるみたいです。私は9時台くらいに切り替えました。

楽天モバイルの電波を掴んでいるかチェック

Network Call info Liteのアプリを利用して、接続されているバンドの状況を確認してみたところ、楽天モバイルのBand3に接続されていることがわかります。ちなみにauのローミングは、Band18となるみたいです。会社は微妙ですが、家ではBand3が常に繋がる感じです。

my楽天モバイルアプリで、楽天エリアなのか、パートナーエリアなのか確認することが可能です。

速度テスト

楽天モバイルのmy楽天モバイルの通信速度測定機能があるので、早速測定してみました。

楽天モバイル回線で、日曜日の日中に測定したところ・・・利用者が少ないだけだとは思いますが、早すぎる!!

ちなみにWi-Fiに接続して計測したところ・・・半分くらいの速度ですね。これでも問題ない、速度だとは思います。やっすいルーターとかだから遅いんですかね。

よくあるブーストとかされているとあれだなと思いまして、SPEEDTESTアプリを利用して、再度計測したところ、150Mbpsとやはりかなり高速ですね。

こちらがWi-Fiで計測したときの速度です。楽天アプリでは、56Mbpsなので近い数字ではありますね。

最後にまとめ

楽天モバイルは、まだ始まったばかりですし、個人的には楽天の企業イメージはあまり良くないので、どうなることやらですが、楽天モバイルエリアでは、今の所、速度もでてますすし、通話品質等も悪くなく、あまりストレスなく利用できています。

パートナーエリア(au)回線も問題ないし、月5GBまでは高速通信可能、容量を超えたあとも1Mbps の通信品質を確保してくれているので、一応YouTube等も見れるレベルなので、少し遅いけど、耐えられないレベルのお遅さじゃないと思います。

また、英語もでできないのに、海外旅行が好きなので、66カ国の海外ローミングもこの価格なのは相当大きいですね。Wi-Fiを契約する必要もなく、ローミングSIMを購入する必要もなく、現地でプリペイドSIMを購入しなくても、海外で使えるのは便利ですよ。

年に数回ですが、海外に行ったときはまた試してみたいと思います。


こんな記事のリクエストからディズニーランドに一緒に遊びに行きませんか?というお誘い、写真を一緒に撮りに行きましょうというお誘い、誤字・脱字をはじめ全てのお問い合わせは、こちらへお願いします。
定期的な購読はRSSにご登録お願いします。
掲載している写真の個人的利用、保存はOKですが、複製、再利用、営利目的の利用は禁止です。

タイトルとURLをコピーしました