電源のいらないノイキャンイヤホン「Razer Hammerhead USB-C ANC」ゲーミングイヤホンを買ってみた!!

ブログ
この記事は約7分で読めます。

ゲーミング関係では、超有名メーカーRazerが、イヤホンやヘッドホンも出しているのですが、アクティブノイズキャンセルを充電なく使える製品は、無いものかと探してみたところ、RazerのHammerheasシリーズの中にUSB TypeC接続するイヤホンを見つけたので購入してみました。

ヘッドホンも良いですが、ノイキャンは外で使いたいですし、持ち運びが優れている、イヤホンタイプが良いなと思ってたので、まさにぴったりです。

販売端で購入したのですが、購入時にRazerは、TypeCのスマホで対応してる物が少ない的なことを言ったたので、気にはなってましたが結論としては私が持ってるいくつかのスマホでは問題なく、音を出してノイキャンを使うことができました。

とりあえず開封

開封の儀とか、細かなことは面倒なので早速、開封して中身を見ていきましょう。

▼持ち運びに便利そうな、小袋といえばよいのでしょうか、袋が出てきました、小さくRazerのロゴがあります。ウェットスーツのような素材なので、かばん中にほうりこんでも、傷はつかなそうですね。一方、ハードケースではないので激しい衝撃は禁物。

いきなり、イヤホン本体です。USB Type C接続なので、USBから電源を取得しているのでしょう。接続するとイヤホンが光って、ちょっとかっこいいですね。ゲーミング製品を取り扱う会社らしい演出ですね。

イヤホン本体と、リモコンです。ボタンは3つあり、スライド式のスイッチが1つあり、ボタンは、曲送りなど、音量調整、スイッチは、ノイズキャンセリングのON、OFFICEに使います、ノイキャンのレベルは調整できない仕様。SONYとかはアプリでノイキャンの制御ができますね。

タイプCのコネクタになります、最近USBTypeCの製品やスマホも増えてるので、これは非常に便利です。米音楽をきいてると充電できない問題が起きますが、、、充電にも対応しているHUBを利用する手もありますが、スマホだとどこまで対応しているのか未知数

これがノイキャンのスライドスイッチです、ONになると小さく光るけどすごくきれいだ。。。

画像には、含めておりませんが、イヤーチップがss、S、M、Lの4種類、COMPLYのイヤーチップが1種類入っています、COMPLYは使ったことない人も多いと思いますが、耳栓のように、プニプニ潰して、耳に入れると膨らんできてフィットします。これ本当に好きだけど、夏は暑いんですよね。物理的な遮音効果も大きいですよ。

ちなみにコンプライのイヤーチップは使っているうちに、ボロボロになってくるので、定期的に買い換えるものとなります。

商品スペック

ゲーミングメーカーなので、スペックもよく、音もまぁ良いと思います。とりあえずメーカーカタログ値含め、ご紹介していきます。

個人的には、目玉機能は、アクティブノイズキャンセリングとデュアルドライバ機能、内蔵DAC(デジタル・アナログコンバーター)ですね。

 

 

周波数特性:20-20KHz

インピーダンス:32 Ω+- 15%

感度: 110 ± 3dB (Max SPL)

入力電力:10mW/20mW

ドライバー:ダイナミック + バランスドアーマチュア型 ←これがデュアルドライバです。

コネクターUSB-C コネクター

ケーブル長:1.2m

概算重量:21gm
 

■マイク性能

周波数特性:100-10KHz

S/N 比:≥58dB

感度:-40 ± 3dB

集音パターン:オムニディレクショナル
 

■リモコン

音量コントロール:音量アップ/ダウン

中央コントロール:再生/一時停止受諾/通話終了

センタースイッチ:ANC オン/オフ

▼公式HPから拝借した画像ですが、ダイナミックドライバとバランスドアマチュ搭載されているので、繊細な音から迫力のある低音まで、幅広く鳴らしてくれるはずな仕様です

つながらない!非対応スマホなのか?

接続しても、イヤホンが光らない、音がしないなど、非対応ではないかと思うことがあると思いますが、そんなときはスマホのOTG設定をすることで使える場合があります。もちろん非対応や、故障しているなんてこともあるかもしれませんが、OTGの設定等をすることでイヤホンに電気を流せるためではないか、なんて思ってますが、見当違いかもしれないです。

まとめ

メリット(良いところ・気に入ったところ)

電池やバッテリーを利用しないで、ノイズキャンセル機能が利用できる商品は、あまりないと思うので、イヤホンも軽くて、持ち運びしやすく、非常にポイントが高いです。

DACもコントローラに内蔵されるとおもわれ、非常に小さく、軽くできているのに、音は悪くないと思いますので、このイヤホンは買いだとおもいます。

デザインかっこいいです。耳のところで、緑色に光ります(笑)

気になるところ(デメリット)

  • USBTypeCでしか接続できない。
  • USBTypeCで接続できる機器に、相性があるらしい(店員談)(OTG設定でかいけつする場合がある)
  • スマホで接続している際に、スマホの充電ができなくなる(充電中はBluetoothとか別のものを使えば良い穴)

 

ちなみに、コンプライのイヤーチップは、T-500みたいです、内径は約4.5mmらしいので、他のメーカーのイヤーチップを購入する際は、4.5mmくらいの内径にあるイヤーチップならつけられると思います。


誤字・脱字をはじめ全てのお問い合わせは、こちらへお願いします。
写真撮影、動画撮影のお誘いなども大歓迎です。
定期的な購読はRSSにご登録お願いします。
掲載している写真の個人的利用、保存はOKですが、複製、再利用、営利目的の利用は禁止です。

タイトルとURLをコピーしました